子供 毛深い

子供には精神的な負担が少ない方法で毛の処理を!

▼子供に負担を与えない!うちではこの方法やってます。▼

じっくり根元から抑毛今すぐキレイに徐毛

 

子供が毛深いのは遺伝的要素によるもの。
でもうちの家庭のように対処はできます!

 

子供は大人以上に「毛深い」ことにコンプレックスを感じています。

 

異性から気持ち悪いと思われるのではないか、いじめの対象になるのではないか・・・

 

そう、大人が思っている以上に毛深いことには本当に敏感なんです。
特に小学校高学年〜中学校〜高校までは死にたいくらいに悩むはず。

 

しかしながらお子さん自身が自分が毛深いことに気付いても、
できることと言えば毛を抜くかカミソリで剃るくらいしかできません。
前者でいえば肌を傷つけますし、後者は何ら根本的な解決にも至りません。
むしろ、自分の毛深さを再認識させてしまうのでショックはより大きくなるという心配もありますよね。

 

ちなみに子供の毛深さは99,9%、遺伝と言って間違いありません。
食生活等で毛が太くなることもあるようですが、子供時代においてそれは非常に稀です。

 

両親のどちらから毛深いとそれが子供に遺伝する確率は高くなりますし、そうでなくても両親の親に毛深い人がいれば孫の代に遺伝していくことも十分にあり得ます。

 

こんな場合に現実的な解決策ですが、
私の経験上、徐毛か抑毛のどちらか、が良いです。

 

脱毛という手もありますが専門的な肌ケアの知識が必要ですし、
かと言って永久脱毛エステは金銭的にも高いですし何回も通院する必要があります。
また剃刀や毛抜きでは前述の通り、子供に意外と精神的な負担が発生しやすいんです。

 

手軽に使えケアも割と簡単・・・故に精神的に楽なジェルを使っての
徐毛、抑毛(もしくは2つ同時進行)でお子さんの悩みを解決してあげませんか?

 

 

親が毛深いと高確率で子供も毛深い体質になってしまいます。お母さんかお父さんも昔から自分の毛深さに困った時期があるかも知れませんね。体毛の薄い親からは濃いお子さんは生まれにくいのです。これは完全に遺伝が影響している証拠です。 昔は毛深いくらいでも自分が悩んで終わり…そんなことで済んでいたかも知れませんが、最近はちょっとしたことでいじめ問題にも発展する世の中です。親に自分が毛深いことを悩んでいると打ち明けてくれるのはまだ良いですが、何も言わなくても毛深い子供は100%、かなり深刻に考えていると思って間違いありません。 冬などは長袖で隠せますが、それ以外の季節は薄着になることもよくありますよね。まして夏などは常に薄着ですし、プールの授業もありますからお子さんの精神的ダメージは相当なものです。 また毛深い子供はそうでない人に比べて全体的にどこの部分でも毛が濃い傾向にあります。特に出やすいのが腕、脚、背中でしょうか。中にはヒゲがうっすら見える子もいますよね。でも肌が弱い子供は毎回剃るわけにもいかないですし、また毛が生えてくるころのは肌の表面がプツプツとして青くなり出します。こうなるともう対処方法があまりなく、友達にも青い肌、プツプツの肌を見られて余計に恥ずかしい想いをすることに。 いっそのこと脱毛でもしてしまえば、と思うかも知れませんが、脱毛は肌への負担が大きすぎてお子さんには絶対におすすめできません。何より親の金銭的な負担も大きいです。じゃあどうしたらいいかと言うと、もう対処方法としては徐毛でしょう。それも肌に優しいクリームタイプのものです。子供の体毛に対しては、これが一番安全です。 最近では子供の為に作られた、もしくは誰でも使えるように意識して開発された商品もあり、夏をピークに非常い大きな需要があるそうです。もしお母さん自身がお子さんの毛深さに気付いているようであれば子供は絶対に悩んでいると思って良いです。そこで何をしてあげられるか、これがお母さんに求められていること。何もしなければ少しずつ確実に体毛は濃くなっていきます。将来の子供の悩みが増幅しないためにも今のうちに毛深い背中、腕、脚を何とかしてあげてください。