子供には精神的な負担が少ない方法で毛の処理を!

子供に負担を与えない!うちではこの方法やってます。

▼当サイト推奨▼
コントロールジェルMEで毛を生えにくく!
じっくり根元から抑毛し、根本的に子供の毛深い!解決を目指す。
体験記、レビューを見る

▼イベント前に必須の1本▼
パイナップル豆乳除毛クリームなら刺激なしで子供の肌にも安心!イベント前にはこれが重宝!もちろん親子でも使えるので一緒にどうぞ☆
体験記、レビューを見る

子供が毛深いのは遺伝的要素によるもの。
でもうちの家庭のように対処はできます!

子供は大人以上に「毛深い」ことにコンプレックスを感じています。

異性から気持ち悪いと思われるのではないか、いじめの対象になるのではないか・・・
そう、大人が思っている以上に毛深いことには本当に敏感なんです。
特に小学校高学年〜中学校〜高校までは死にたいくらいに悩むはず。

しかしながらお子さん自身が自分が毛深いことに気付いても、
できることと言えば毛を抜くかカミソリで剃るくらいしかできません。
前者でいえば肌を傷つけますし、後者は何ら根本的な解決にも至りません。
むしろ、自分の毛深さを再認識させてしまうのでショックはより大きくなるという心配もありますよね。

ちなみに子供の毛深さは99,9%、遺伝と言って間違いありません。
食生活等で毛が太くなることもあるようですが、子供時代においてそれは非常に稀です。

両親のどちらから毛深いとそれが子供に遺伝する確率は高くなりますし、そうでなくても両親の親に毛深い人がいれば孫の代に遺伝していくことも十分にあり得ます。

こんな場合に現実的な解決策ですが、
私の経験上、徐毛か抑毛のどちらか、が良いです。

脱毛という手もありますが専門的な肌ケアの知識が必要ですし、
かと言って永久脱毛エステは金銭的にも高いですし何回も通院する必要があります。
また剃刀や毛抜きでは前述の通り、子供に意外と精神的な負担が発生しやすいんです。

手軽に使えケアも割と簡単・・・故に精神的に楽なジェルを使っての
徐毛、抑毛(もしくは2つ同時進行)でお子さんの悩みを解決してあげませんか?

子供が毛深くなる理由、それは遺伝が全て!でしょうね。

毛が濃くなる理由としては食べ物や日照時間も関係しますが、
基本的には遺伝によって決まる、と言っていいと思います。

私は医師や研究者ではないのでその証拠を出せを言われてもできませんが、
事実として私の親も毛深いですし、周りを見ても意見を聞いてもこれは間違いないと思います。

特に女の子であれば父方の、
男の子であれば母方の影響を強く受けやすいかな、とも実体験から強く確信しています。

ただもっと体験に基づく状況的な確信が欲しく、
毛深いことは遺伝か否かについての簡単なアンケートを取ってみたんですね。
より多くの意見に触れることで考えが確信に変わるだろうと思いました。

その結果、30人中8割となる26人が遺伝・家系が影響している説を訴えていました。
具体的に意見をくれた方もいますので、それについては以下のページをご覧ください。

ただこれで毛深い=遺伝はほぼ確定的なことと思っていいかと思います。
正直、自分の子供も毛深い兆候があるので自分を責めることも多いですが、
どうしようもない事実として受け止め、できるだけ悪影響のない正しい毛の処理を子供にはしてあげたいですね。

私の中ではそれこそが毎日のコントロールジェルME習慣であり、
大きくなった時の脱毛費用の捻出だと思っているんです。

子供の毛深い対策その2、脱毛

ローションよりも更に一歩踏む込んだ方法となりますが、
最近では子供でもできる脱毛サロンがいくつか存在しています。
ちょっと考えられない時代になりましたがこれが今のスタンダードです。

脱毛をしたことがある人はわかると思いますが、毛が濃いところは特にバチッと痛い感じがありますよね。親としてはあれを子供にやらせるのはかなり抵抗があると思います。

ですが子供脱毛で人気なのが全く痛くない!という触れ込みの脱毛サロンであり、
それが地方含め、けっこう日本全国に点在しているんですね。

★子供脱毛メニューあり!ディオーネ

ハイパースキン法という独自の手法らしいのですが、
最初から脱毛機自体が他の店とは違います。

お子さんが自ら脱毛サロンに興味を持ち、且つ家から通える範囲内にあり、
更には予算的にもまぁ大丈夫かな、という条件がそろえばですが、
コンプレックスで暗くなる子供の気持ちの為にこれもありかな~と私は思ってしまいますね。