1. ホーム
  2. 悩み
  3. ≫子供の毛深さは親が思う以上に深刻!

子供の毛深さは親が思う以上に深刻!

親としては軽く考えていたとしても、
子供の毛深いことへのコンプレックスは相当深いものです。

他人と違うだけでそれを劣等感と感じてしまう風潮が日本にはありますし、
「個性」と捉えられるだけのアメリカンなポジティブさはまず持てません。

特に女のコは腕に毛があるだけで夏の半袖制服は嫌がりますし、
それが原因で同性・異性から嫌われるのではないかと本気で心配します。

そして根本的な体毛の解決方法を知りませんので手っ取り早い剃刀を使い、余計にその自分の姿に自己嫌悪感が出てきます。

これは私自身が学生の頃も、またうちの子供も全くその通りでした。
幸い、私自身が昔から毛深いので子供の気持ちもすぐ理解できましたが、お子さんがカミソリやピンセットを使い出したら「あれ?」と勘づいてあげて下さいね。
心の中では泣きながら、毛深いことを悲しんでムダ毛処理をしているはずです。

また男の子も実は毛深いことでかなりの自己嫌悪に陥るケースがあります。
男性は毛があるのが当たり前ですが、それでも他の生徒より毛深いと結構笑われるものです。
それになにより、女子から良く思われないのではないか?とこれも本気で気にし出します。
まさに思春期特有の悩みと言えますよね。。。

大人の世界ではどうでもいいことでも、
子供の世界では深い深いコンプレックスになっていることを親御さんは察知してあげましょう。

コントロールジェルME

▼当サイト推奨!子供の毛深い問題にコレ!▼
コントロールジェルMEで毛を生えにくく!
じっくり根元から抑毛し、根本的に子供の毛深い!解決を目指す。
抑毛「コントロールジェルME」使用体験談

海外では個性、日本では出る杭・・・このように捉えられる今の日本では、毛深いことを気にしない子供はまずいません。特に女子ならツルツルお肌が持てる条件ですから、それから外れてしまっている容姿を見て本気で何年間も落ち込む場合もあるでしょう。また思春期にそういう辛い想いをすると、毛深いことに対して敏感になり、大人になった時にフラッシュバック的に思いだすこともあるかもしれません。中学生くらいから男子生徒でさえ自分の体毛が濃いことを嫌がるわけですから、女の子はその何倍も、何十倍も悩みを抱えているんです。私も学生の頃は毛が濃い自分の親を恨みましたし、こんな毛の濃い家系、遺伝は後世には残したくないと本気で考えていました。だから子供を作ることはないし、将来結婚相手も見付からないだろうとさえ感じていたくらいです。いつもお風呂で腕毛やスネの毛を見つめていたり、夏という季節が心底嫌でした。夏で浮かれているコがちょっと憎らしかったです。とは言っても一人になれる夏休みは嬉しく、一人で部屋で涼みながらファッション雑誌のムダ毛処理の記事をずっと読んでいましたね。