1. ホーム
  2. ムダ毛の種類あれこれ
  3. ≫スネ毛の処理|露出が高い分、(子供も親も)対応は必須間違いナシ

スネ毛の処理|露出が高い分、(子供も親も)対応は必須間違いナシ

毛深くなりやすいスネ毛にコンプレックス

腕毛同様、毛深いお子さんはスネ毛もまた顕著に表れやすいです。
中学生になってからスネ毛が生えてくるパターンが多いみたいですが、
最近の子はほとんどがスネ毛を抜いたり剃っているみたいです。

またスネ毛は他の部分のムダ毛と比較しても剛毛になりやすいという特徴があり、脚を見せたがらない女子はかなり気にしていると思っても間違いありません。

両手がフリーに使えるのでピンセットで抜くこともできますが、
これをやっていると肌が傷つくので腫れが目立ちますし、
筋肉や骨の丸みのせいで剃る時もけっこう失敗しやすいという難点があります。

更に太い毛が生えやすく、そういうのが何本か見えてきたらアウト。
剃っても次に生える時に非常に目立ちやすいですし、あのジョリジョリ感は最悪でしょう。。。

「剃る度に濃くなってきてるかも」・・・このような悩みを体毛の濃い女子は必ず感じています。

学生時代はスカート、また社会人になってもタイツ越しとは言えスネは見せないといけないのが女の子の辛いところです。

手間だったとしても徐毛+抑毛の2ステップで子供のうちからケアさせてあげることが、その子の将来の幸せに繋がると言っても過言ではありません。